SaaS Business Analytics and Health – Subscriptions & Recurring Billing on Microsoft Dynamics 365 CRM Platform is what you need!

The SaaS business model is here to stay. Today, it’s roughly a market of 150+ billion dollars and seems to keep on growing. But there is always one misconception that SaaS business models are just like traditional business models. However, SaaS or Subscription businesses are more complex than traditional businesses. Traditional business metrics totally fail … Read more

New Simplified Authoring Experience in Qlik Sense SaaS

In order to provide both new and advanced users with an optimal user experience, Qlik introduced a new, simplified authoring interface for Qlik Sense SaaS at the beginning of July with several new features and improvements. The streamlined authoring is specifically aimed at simplifying the creation of dashboards and apps. The new features and enhancements … Read more

Gain insights of your business health with SaaS metrics in Microsoft Dynamics 365 CRM

A famous mathematician once said, “If you cannot measure it, you cannot improve it.” This stands true for all small, medium, and large enterprises, involved in the SaaS business model as they have more complex finances as compared to traditional businesses. And because of this, SaaS metrics are required to capture the key factors that … Read more

Mature Manufacturing Plant Data Demands Cloud ERP

Discrete manufacturers and batch processing plants have moved quickly over the last ten years to transition plant floor machines and systems away from analog processes to digital input/outputs (I/O), so ERP software could optimize production planning, forecasting, and invoicing, to name a few. However, achieving mature manufacturing plant data takes time as companies experience ebbs … Read more

Transition to the Cloud Without Disrupting Financial Reporting

More and more companies are migrating their enterprise resource planning (ERP) to the cloud. It relieves them of the burdens typically associated with installing and maintaining complex software systems, and it’s arguably more secure because it’s monitored 24/7 by dedicated experts. There is no question that cloud-based ERPs like Microsoft Dynamics 365 Business Central are … Read more

The Right Tool to Support Your Migration to The Cloud

Cloud migration is a daunting prospect, especially considering the expense of installation, training, and embedded new processes. But the benefits of enhanced functionality, the power of the cloud, and increased ROI are reasons enough for organizations across the world to convert every day. Cloud enterprise resource planning (ERP) software is ideal for a variety of … Read more

Dynamics NAV and Business Central On-Premises ERP Users: It’s Time to Take the Bridge to the Cloud

Are you using Microsoft Dynamics NAV or Dynamics 365 Business Central on premises? If so, you’ve at least thought about moving to the cloud. The world is moving in that direction, and Microsoft has invested in Azure and cloud-based ERP products like Business Central SaaS that surpasses the on-premises versions, making the prospect compiling. But … Read more

2022 年のフィールド サービス分野の 6 つのトレンドをチェック

(本投稿は米国時間2022年2月14日付のブログ投稿の日本語抄訳です。内容に齟齬がある場合、原文を正とさせていただきます。) 世界のフィールド サービス市場は、急速に拡大を続けています。2016 年のフィールド サービス市場の規模は推定 17 億 8,000 万米ドルで、2022 年末までには 44 億 5,000 万米ドルになると予想されています。これは、年間平均成長率 (CAGR) にして約 16.5% の伸びです1。 変化の多くは 2016 年以降に起きており、連携されていない紙ベースのシステムを使用してきた日々にも、ようやく別れを告げました。テクノロジは常に良い意味で、フィールド サービス管理に変化をもたらしてきました。作業指示の自動化や AI 主導のアナリティクス、Mixed Reality を活用した保守作業などにその例を見ることができます。このように、フィールド サービスの進化には際限がありません。 フィールド サービスの質は、現在見られるいくつものトレンドの影響を受け、さらに向上することが予想されます。優れたサービスを実現することへの期待が高まる中、こうした変化を後押しするのは、多くの場合が顧客です。フィールド サービスを提供する組織は、常に変化しながら増え続ける顧客の期待に応え、ロイヤルティをさらに高めるために、顧客の声に耳を傾け、即座に行動に移し、イノベーションを継続することが求められます。 これらを念頭に置くと、フィールド サービスの分野に影響を与えるトレンドがいくつもあることがわかります。ここではそのうち、フィールド サービス組織の成功と失敗を左右する可能性がある重要なトレンドを見ていきましょう。 1. 非接触サービス、リモート サービス ある調査によると、フィールド サービス組織は非接触サービスやリモート サービスの可能性を今後も追求していくと言われています。その理由は、75% にも上る圧倒的多数の消費者が、絶対的な必要がない限り、パンデミックの状況下で技術者を自宅に入れたくないと考えていることがわかったためです2。非接触やリモートのサービスは新しい概念ではありませんが、パンデミックの影響で急速に顧客の支持を集めています。フィールド サービス組織や技術者は、そうした顧客の要望に対応できるよう、サービスのしくみを変えようとしています。変化した点としては、IoT や AI、Mixed Reality の台頭で、高度な非接触サービスを提供できるようになりました。もちろん、サービス業務コストや移動時間、車両コストを削減できたことも挙げられます。加えて、非接触サービスによって技術者の健康と安全を守れるようになり、従業員にとってこれはとても大きなメリットだと言えます。 2. 自動化へのシフト フィールド サービスの業務では、手作業のプロセスのせいで作業が滞ってしまうことが少なくありません。そうすると、管理担当者は増え続ける作業に忙殺され、現場作業者は顧客との関係構築といった重要なサービス業務に費やせる時間が減ることになります。そして、バック オフィスの業務は、顧客の要求や部品の在庫の管理、複雑なスケジュールの調整、予約の確認、請求書の提出、さらに、急を要するサービスコールへの対応などで、手一杯になる可能性があります。 こうした際に管理担当者を救うのが、フィールド サービス管理ソフトウェアです。AI やルールを活用して作業を自動でスケジューリングし、技術者を割り当てることができます。たとえば、既存のスケジュールに大きな混乱を与えることなく、現場の最も近くにいる最も経験値の高い技術者を自動で割り当て、現場に派遣することが可能です。また、従業員の高齢化問題に直面するフィールド サービス組織の数が増え、派遣できる熟練技術者の数が減っていることから、スケジュールの最適化はこれまで以上に重要になっています。今後退職する技術者の数がさらに増え、人材プールが急速に枯渇する状況を考えると、業務の最適化に向けてスケジュール自動化のトレンドが続くことが予想されます。ある調査によれば、今後 5 … Read more